dancept2の日記

あやしうこそものぐるほしけれ

海外のリアクション動画から

BAND-MAIDYouTube リアクション動画おもしろいですね。

正直そこまでかぁ?とおもわせられないこともない動画もないこともないのだが(ややこしい言い回しだ)——というかリアクション動画(ファンの PV も見込める)とはそういうものなのか——このバンドが海外でも、ことに多くのオールドスクール(?)・ファンのご主人さま・お嬢さまの心を捉えたのは間違いないようで(まぁ国内のわたしもそのひとりなんですけど)。

このバンドの楽曲を聴くと、いろいろ語りたくなるのはよくわかる。音楽の動向についてもまったく疎く、よもや米国などでも HR/HM は絶滅寸前などということはないのでしょうけれど、いずれにせよ "Maidocs" の平均年齢はけっこう高かったりするんぢゃないでしょうかね。

で、BAND-MAIKO の傑作 "secret MAIKO lips"(2018)へのリアクション動画からであります。

youtu.be

ことにミュージシャンの反応は興味深いところがありまして、アップ主の The Champ Of Medium 、中堅チャンプ?(笑)氏は "Metal Musician" ということですが、ちょっとおもしろかったのは三味線の名前も知らないチャンプ氏が、耳を澄ませて懸命に聞き取ろうとしている "Traditional instruments"、ことに三味線のパートで "Wow!" とか "F***in' amazing!" とか叫んでいる箇所が、典型的な日本人耳(?)の当方などがカッケーと感じるそれとおなじことであります。

二番ヴァースの三味線がテンポ落としてタメをつくるところ(「はんなり~」)とか、来ますよねぇ。一番プレコーラスとコーラスのあいだに差し込まれるブレークや、はげしいギターソロのあと一転ジャジーなギター、ベースからの~ブリッジの、なにか幻想的な雰囲気——みんちょ天才かと。歌詞の(日本語部分の)英訳は雑過ぎると不評なようですが、ここはどちらも映像もいいですね——、チャンプ氏の表情の「反応」や後者では思わず仰け反っているのにはニヤついてしまいました。で、「ドン・ドン・ドン!」っとねー(笑)、こうこなくっちゃと。さすがに京ことばには触れてないようですけれど。

冒頭はお決まりのパターンとしても、(チャンプ氏がそうだったように、そうすることでむしろ注意を促すのを狙ったというのはうがち過ぎでしょうか大部分やや低めにミキシングされた)三味のほかの "Traditional instruments" の使い方もいかしてます。この秋、流行り病で延期になっていた米国ツアーお給仕をおこなうようですが成功を祈念いたしますとともに(まぁ間違いないですね)、お座敷ものもまた、ぜひ繕うてくれはらしまへんやろか——っぽw。

(追加:別のチャンネル。笑えます。)

youtu.be