dancept2の日記

あやしうこそものぐるほしけれ

「私はこの世に忘れられ」大全集(?)(その九)


セーナ・ユリナッチ / Sena Jurinac (1921–2011)

  • 1962/03/25 (Live) – w/ Frankfurter Rundfunk-Symphonie-Orchester · István Kertész (Cond); @Frankfurt; From broadcast performances. [5:08]
    この録音知りませんでしたが、ああやはりユリナッチはイイッ!!とおもってしまいます。ケルテスは演奏会ではマーラー取り上げていた模様。

    youtu.be

イルムガルト・ゼーフリート / Irmgard Seefried (1919–1988)

  • 1967/01/14 (Live) – Orchestre national de l'ORTF · Manuel Rosenthal (Cond); ORTF, Paris. [5:13]
    あっさり、きっぱり。先を急ぐ感あり声が擦れたりもするが終盤不思議な安息感。モノラル録音ではあるものの伴奏も色彩的。

    youtu.be

リーザ・デラ・カーザ / Lisa Della Casa (1919–2012)

  • 1970/05/05 (Live) – Michio Kobayashi (Pf); Tokyo Bunka Kaikan. [6:33]

    youtu.be

エリーザベト・シュヴァルツコップ / Elisabeth Schwarzkopf (1915–2006)

  • 1960/05/29 (Live) – Wiener Philharmoniker · Bruno Walter (Cond). Grosser Saal, Musikverein, Wien. [6:17]
    前奏の低弦入りの押し出しにヲヲっとなる。ワルターのウィーン告別演奏会から。

    youtu.be

リューバ・ヴェリッチュ / Ljuba Welitsch (1913–1996)

(伝説のサロメ唄い)

  • 1953/03/30 – Paul Ulanowsky (Pf); Columbia 30th Street Studios. [5.57]
    曲の流れを捉えた、振幅の大きい伴奏も印象的。2 ヴァース目おわり静かに引き継ぎ間奏を盛り上げるかんじなどもすばらしいが、ミスがあるのが(ちょっとしたものはキズにはならないとはおもっておりますが、ここでは)惜しい。

    youtu.be

キャスリーン・フェリアー / Kathleen Ferrier (1912–1953)

(すいませんフェリアーはちと苦手…)

  • 1952/05/20 – Wiener Philharmoniker · Bruno Walter (Cond); Musikverein, Wien. [5:30]

    youtu.be

マルタ・メードル / Martha Mödl (1912–2001)

(メードルのマーラー

  • 1966/03/05 (Live) – Frederick Marvin (Pf); Musikhalle, Hamburg. [5:19]

    youtu.be

イローナ・シュタイングルーバー / Ilona Steingrüber (1912–1962)

(ベルクの『ルル』タイトルロールで有名ですね)

  • 1946 – Wiener Staatsopernorchester · Zoltán Fekete (Cond).*1 [5:59]
    "Provided to YouTube by Hungaroton" のトピック動画だがタイトルが "Liebst du um Schönheit" になっている。

    youtu.be

マリア・シュターダー / Maria Stader (1911–1999)

  • 1959/01 (Live) – NDR Sinfonieorchester · Winfried Zillig (Cond); Hamburg. [5:32]
    繊細でありながら気迫のこもった歌唱。

    youtu.be

ジェニー・トゥーレル / Jennie Tourel (1900–1973)

ルフレート・ペル / Alfred Poell (1900–1968)

(ペルはフルトヴェングラーとの『さすらう若者の歌』のライヴ録音も残している)

  • 1951 – Wiener Staatsopernorchester · Felix Prohaska (Cond). [5:58]

    youtu.be

ケルスティン・トルボルク / Kerstin Thorborg (1896–1970)

  • 1936/05/24 (Live) – Wiener Philharmoniker · Bruno Walter (Cond); Musikverein, Wien. [5:48]

    youtu.be

サラ・シャルル=カイエ / Sara Charles–Cahier (1870–1951)

  • 1930/10/01 – Staatskapelle Berlin · Selmar Meyrowitz (Cond); Berlin. [5:00]
    やはりヴァイオリンのポルタメント耳に付きますね。オケ版最速なのは SP 収録時間いっぱいいっぱいというところか。ただしむかしは全体に早めというかんじもある。カイエは『大地の歌』の初演者(ワルター指揮、1911年)。マーラーの自作演奏会でも共演し、親交もあったとの由。

    youtu.be

(おわり)



*1:Mahler Foundation のディスコグラフィ(「その一」参照)に 1946年、Mercury とある。ただし掲載されているジャケットのイメージは Qualiton(のちの Hungaroton)のもので、下記によれば1959年のリリース。

www.discogs.com

Qualiton 盤に関してはハンガリーの国営会社が録音にウィーンのオケを起用するというのもやや?で(ただし指揮者はハンガリー人のよう。また、ソ連占領地区に囲まれていた首都ウィーンは、米英仏ソの分割統治だった模様)、あるいは Mercury からのライセンス? いっぽうでシュタイングルーバーが Mercury からリリースしたマーラーは当方では『嘆きの歌』(1951年リリース、オケ/指揮者は当録音と同じ)くらいしか見つからなかった。録音も1946年にしては良すぎるような??

*2:

www.discogs.com

*3:

www.discogs.com