dancept2の日記

あやしうこそものぐるほしけれ

音楽

五輪で和楽器バンドからトラキアの平原まで~ステフカ・サボティノワのことなど

今さらですがいいですね。何といってもビジュアルがいい(そこか)。 でも実際、PV もド派手にはじけてて好きなんですわ *1 。 なんでこんなに新鮮なのか。そりゃ「春の海」聴きゃ小生もなごむが、これまでお琴(箏)もそんないいとおもったことは無かった。…

ルプーのシューベルト:ピアノ・ソナタ第19番ハ短調 D. 958 のライヴ

若いころはシューベルトやシューマン、ことにブラームスがニガ手だった。濃厚なロマンチシズムにそれを表現しつくす機能的和声。トリッキーで、ある種破綻のある音楽の方に惹かれたりするんですな(なんというかそれもわかりやすいトリッキーさだったんです…

カティア・ブニアティシヴィリの『展覧会の絵』

大してネタがある訳ではないのだが、じつは当方こんなの アップしてたりする(休止中)のはまた別に触れるとして、チト残念な音の状態はともかく演奏はもちろん万全、完成度の高いものであります(同じころザルツブルクで演奏したベートーヴェンの31番も手元…

バリー・ホワイト/ラブ・アンリミテッド・オーケストラ「愛のテーマ」などスカイ系3題

悪いことに YouTube サーフィンが止まらないのだが(苦笑)、「クロスオーバー」(前エントリ)でおもいだすのは「今日いちにちのエピローグ」こと『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM)ですわね。アジムス *1 の『ライト・アズ・ア・フェザー』(1979年)よ…

アマデウス・エレクトリック・ストリングス・カルテット

YouTube のおすすめより。ルーマニア出身の美女四人組、もちろんアマデウス弦楽四重奏団とは無関係である。小生ヴァイオリンの低音が好きという変わった趣向の持ち主なのだが、エレクトリック・カルテットということでちょっと期待してしまった。 が、クロノ…

J.J.ジョンソン・クインテット/「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」

『ヴィヴィアン』(1992年)より。勝手にジャケット連想シリーズやってるのだが海つながりで曲へ。ジャケットの方は、なにか成金趣味っぽいカンジが(「個人の感想です」)あまり好きではない。「ジャケット」カテゴリーには入れないことにした(笑)。 J.J.…

ニュー・オーダー/「リグレット」

ヴァンダ・サーの『ヴァガメンチ』のジャケットで思い出した。ニュー・オーダー/『リパブリック』から。手元にCDがあるハズだが、左側の不穏な様子は当方の記憶から完全に消えておりました。 イントロのシンセとガチャガチャしたギター・リフがスイッチして…

フェルナンダ・タカイ/「小舟」

いやー今年の夏も実に暑い。はやくもバテバテであります。ここは日系ブラジル人のフェルナンダ・タカイが、爽やかなアレンジで「小舟」をカバーしたPVなどを。日本語化した歌詞のぎこちなさ、発音のたどたどしさに脱力感が増しますがマイナスになってないと…

マイルス・デイヴィス/「ソー・ファット」

いやーキリキリ来ますね。トランペットよく鳴ってるカンジで好調そうですが、メンバーのソロのあいだ脇に下がって煙草吸ってるときのマイルスの表情も気になる(笑)。(1959年4月2日、ニューヨーク、CBS-TVスタジオ61) (追記)1959年4月2日というと、ちょ…